月別アーカイブ: 2014年6月

サロンやエステでは使ってはいけない言葉?永久脱毛の定義とは?

永久脱毛…
脱毛したいと考えている人には、あこがれの言葉ですが、
実は、なかなか使い方がむずかしい言葉なんです。

たくさんある脱毛エステや脱毛サロンの
公式ページを見てみてください。
おそらく、永久脱毛という言葉は使われていないはずです。
それは、サロンやエステの脱毛を
永久脱毛と呼んではいけないからです。

実は永久脱毛は、日本では、医療行為とされていて、
医療機関でしかできないものとなっています。
( 「永久脱毛を業として行った場合は、医師法第17条の医業に該当し、
医師以外の者が行えば医師法違反となる」厚生省)
脱毛方法の中では、針脱毛、ニードル脱毛が
永久脱毛と呼んでもいいものです。

病院で脱毛ができるというのは、
知らない人もいるでしょう。
永久脱毛という言葉が使えるなら
もっと宣伝すればいいのに…とも思いますが、
病院の広告にはいろいろな規制があるので、
あまり知られていない情報なんです。

ただ注意したいのは、
永久脱毛という名前がついていても
永久に毛が生えてこないというものではないことです。
米国電気脱毛協会の定義では、
「脱毛の終了から1ヶ月後の時点での毛の再生率が20%以下の場合」
となっています。

毛が生えてきても
その数が少なければ、永久脱毛なんです。
(2割近くの毛が生えても永久脱毛?
と思っちゃいますが、
毛の休止期も含めての数値なので、
ほとんど生えてこないという状態ではあります。)

永久脱毛というと、
毛が一本も生えてこないなんてイメージを持っていた人が
多いと思いますが、そうではないんですね。
サロンやエステなどでおこなわれている、
光脱毛は、不再生脱毛、永久減毛などと呼ばれ、
脱毛が完了すれば、
ほとんど毛は生えてこなくなるといわれています。
仮に20%近く再生した永久脱毛があったら、
どっちが上なんでしょう。

まあ、永久脱毛も、不再生脱毛、永久減毛も
言葉のニュアンスの違いという気もします。
結果だけみればそれほど違うものではありません。
永久脱毛という言葉に縛られず、
値段や手間や痛みなど考慮して、
一番自分にあった脱毛を選びたいところですね。