【脱毛エステのトラブル回避術】 クーリングオフを知っておこう!

クーリングオフとは、

一定期間内であれば消費者が無条件で契約解除できる制度。

悪徳エステで強引に契約させられたなんて場合はもちろんですが、

納得済みで契約したものの、家でよく考えてみたらやっぱ不要だ

なんて時にも適応されます。

向こうの責任だけじゃなく、

自分の責任、仮に単なるわがままでもOKってことですね。

(これを繰り返していると信用がなくなっていくと思いますが…)

クーリングオフ制度を適用するのに

満たすべき条件は、下の2つです。

●契約金額が5万円を超え、かつ契約期間が1ヶ月超えるもの

●法定の契約書面が交付されてから8日以内のもの

クーリングオフが成立すれば、、契約はなかったことになります。

支払った代金は全額返金。

損害賠償、違約金の必要もありません。

電話や口頭での契約解除ではなく、必ず書面で手続きします。

ハガキに必要なことを書き、コピーを取り、配達記録又は簡易書留で送ります。

(場合によっては、内容証明郵便)

ちなみに、この8日間が過ぎてもエステの場合は、中途解約ができます。

ただ、その場合解約料は発生してします。

何にせよ、一番いいのは、はじめから契約しないこと。

こっちも面倒ですが、向こうも手間です。

何でもそうですが、ある程度のお金がかかるものは、

慎重に決めましょう。

一番確実なのは、最寄りの消費者センターに相談すること

全国の消費者センターの一覧がある国民生活センターの

ホームページのURLをのせておきます。

http://www.kokusen.go.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>